2009年01月31日

見城徹「編集者という病」

幻冬舎の見城社長が最近「異端者の快楽」という本を出しているというのを知りました。
この本は出たばかりで図書館に置いてなくて、過去にも本を出していないか探したところ「編集者という病」というのを発見!
早速借りてきました。

ところが読み始めて数分で・・・・・・。
そういうことですよ、集中力が続きません。
別にこの本がつまらないってことじゃないと思います。
僕はノンフィクションが苦手でろくに読みきったことがありません。
でもここは株主魂を見せて最後まで読みました(全然頭には入っていませんが)。

見城社長の人脈の広さが分かりました。
石原慎太郎、坂本龍一、ユーミンなど凄い人物がずらりと登場してきます。
尾崎豊ととても親しい関係だったことは衝撃的。
2人のやりとりは読んでいて貴重でした。
大体このような話が多く、もっと幻冬舎のことについて書かれていればよかったです。

人脈+人間性などから見城社長が幻冬舎にいる限りは期待できると思いました。
社長が書いた本って良いですね。
今回の幻冬舎にしろ先日のエーワン精密にしろ社長の考え方が分かって、それに共感すれば自信を持って投資できますから。
幻冬舎の株価が騰がらないなと待ちくたびれた人は読んでみることをおすすめします。


banner_22.gif にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ ←応援クリックお願いします!


posted by 京 | Comment(4) | 読書

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。