2009年01月31日

見城徹「編集者という病」

幻冬舎の見城社長が最近「異端者の快楽」という本を出しているというのを知りました。
この本は出たばかりで図書館に置いてなくて、過去にも本を出していないか探したところ「編集者という病」というのを発見!
早速借りてきました。

ところが読み始めて数分で・・・・・・。
そういうことですよ、集中力が続きません。
別にこの本がつまらないってことじゃないと思います。
僕はノンフィクションが苦手でろくに読みきったことがありません。
でもここは株主魂を見せて最後まで読みました(全然頭には入っていませんが)。

見城社長の人脈の広さが分かりました。
石原慎太郎、坂本龍一、ユーミンなど凄い人物がずらりと登場してきます。
尾崎豊ととても親しい関係だったことは衝撃的。
2人のやりとりは読んでいて貴重でした。
大体このような話が多く、もっと幻冬舎のことについて書かれていればよかったです。

人脈+人間性などから見城社長が幻冬舎にいる限りは期待できると思いました。
社長が書いた本って良いですね。
今回の幻冬舎にしろ先日のエーワン精密にしろ社長の考え方が分かって、それに共感すれば自信を持って投資できますから。
幻冬舎の株価が騰がらないなと待ちくたびれた人は読んでみることをおすすめします。


banner_22.gif にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ ←応援クリックお願いします!


posted by 京 | Comment(4) | 読書

2008年12月06日

エーワン精密の魅力について迫る

今週はエーワン精密を購入しました。
買った理由は財務が良く割安というだけではなかったのです。

実はホームページの「お知らせ」を見ていたら、『高収益を生み出す町工場のモノづくり哲学』のCDをプレゼントと書いてあったので、メールで本・CD・DVDを申し込んでみました。
そうしたらすぐにこちらのものが届きました。

エーワン精密.JPG

これら送料ともに負担してもらい、それだけで気持ちがぐらぐらと。
全部しっかり見させてもらいました。面白かったです。

なんと創業以来38年連続で経常利益率が35%超を続けているとんでもない会社です。
だからもう財務体質はスリムすぎて惚れ惚れします。
利益率の秘密は短期納期。
注文の7割が当日発送、また38年間価格を変えたことがないそうです。
普通の企業ができない強みです。
どこの企業もすぐに欲しいのでエーワン精密に依頼をします。
よって営業活動をしなくても向こうからやってきてくれるって訳です。

元社長で現在相談役の梅原さんは社員重視・株主軽視と言っていました。
これだけを見ると投資はどうかと思います。
しかし自分なりに解釈したのは一番重視するのが社員だけっていうこと。
社員を大事にすればより利益を稼いでくれる。
そうすれば株主にも還元できる。
だから一番は社員だと、こういうことですね。
エーワン精密に興味のある人はHPから申し込んでみるといいですよ。

全てを見終わった後の気持ち・・・「エーワン精密に投資したい!」

banner_22.gif にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ ←応援クリックお願いします!


posted by 京 | Comment(8) | 読書

2008年11月15日

東野圭吾「容疑者Xの献身」

東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」を読みました。
彼は大好きな作家の一人で文庫本を集めています。
サユサユさんやhirokunさんのところでも紹介されていて凄く楽しみでした。
読んだ感想はめちゃくちゃ面白い!雷に打たれたような衝撃でした。
これだけ面白いと紹介をしたくなるのも分かります。
東野作品の中でも間違いなく上位に入りますね。
読んでない人にはおすすめ、一度読み始めたら止まりませんよ。
ちなみに献身とは他人やある物事のために、わが身を犠牲にして尽くすこと。

これから読もうと思っている人は注意。以下ネタバレ。


あんなにも人を深く愛するって素晴らしいなと思った。
石神は靖子が犯した、人を殺めた罪を手助けするわけだけど、計画が挫折するような時には最終的に自分もそれをして、一人で罪を全て被るストーリーを組んでいた。
天才だわ。
妻、恋人ならまだしも、隣に住んでいる片思いの女性にだよ?
百歩譲ってできたとしよう、でも彼女の負担を軽くするために胸に秘めた思いを打ち明けずに幸せを願うなんて自分には絶対にできない。
彼女が何も詳細を知らないわけで・・・自分を忘れて幸せになんて辛すぎる。

それなのに崇高なるものには、関われるだけで幸せなのだ。というフレーズは分かるな〜と思った。
先日話した歯科医の美女の場合でも、あの場所で会うということが幸せだったのだと思う。
それ以上を望むと純粋な思いがガラスが割れるように崩れ去ったのではないかな。

湯川が最後に靖子に石神がやったことを話してくれて本当に安心した。
石神の深い愛には感動して泣けますね。

banner_22.gif にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ ←応援クリックお願いします!


posted by 京 | Comment(6) | 読書

2008年09月20日

大崎善生「アジアンタムブルー」

ヤフーのクチコミで感動する本として、たくさんチェックしておいた本の一つ、大崎善生「アジアンタムブルー」を読みました。
大崎善生さんの本は今回が初めてです。

まず主人公の設定がエロ雑誌の編集者ということで、感動について大丈夫かと思いながら読み進めていくことに。
序盤に必要ないなと思った要素があるものの、気づけば最後は涙が止まりませんでした。

ストーリーとしてはよくあるパターンなのかな。
愛する人が余命宣告されてしまい、その時自分は何ができるだろうって。
このパターンに弱くて・・・感情移入しまくりです。
二人のやりとりが温かくて、だから余計に悲しい。
物語には様々な死について描かれていて深く考えさせられます。

こういうの読むと株価が暴落したことなんて本当に小さなことのように思えますね。
少なくとも読んだ直後は。
時間が経つにつれ現実に引き戻されますが。

ちなみにアジアンタムとは葉がふさふさとして緑が美しい観葉植物のこと。
繊細な植物で、一度枯れ始めたら手の施しようがなくなるという特徴があります。



banner_22.gif にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ ←応援クリックお願いします!


posted by 京 | Comment(4) | 読書

2008年08月23日

読書〜タイムスリップ〜

病み上がりということで大人しく読書をしていました。

読書する習慣は元々なかったんです。
でもある日、東野圭吾さんの本を読んで面白くて面白くて〜。運命的な出会いでした。
それからというものどっぷり浸かっています。
本を読むようになってから変わったが感情が豊かになったこと。
ちょっとしたことで感動するようになったのだから。
週末に花の写真とかアップしてますが、昔の自分がこれを見たらポカンと口を開けていることでしょう。
花なんか見るんだったらゲームしてましたからね。
周りの世界が変わりました。

好きなジャンルはミステリーやSF系で、SFだと透視とかタイムスリップ物なんか最高です!
もちろん専門的な本じゃなくて一般小説のこと。
タイムパラドックスのことを考えたりすると楽しくてしょうがないです。
例でよく用いられるのが、自分がまだ生まれる前にタイムスリップしたとして、自分の親を殺してしまったらどうなるかという問題。
これで自分は生まれてこないことになるから、消えてしまうのか。
さらに自分がいないんだから親が死ぬ理由もなくなる。
こうした矛盾をどう繋いでいるかが見所なのです。

今回、辻村深月さんの「名前探しの放課後(上)(下)」を読みました。
設定は主人公が本人の意識なく3ヶ月前にタイムスリップしてしまう。
実はタイムスリップする直前に学校の同級生が自殺をしてしまっていたのだった。
それをなんとか阻止しようとするストーリー。
感想はまずまずかな(爆
ちょっとタイムスリップの要素が少ないかな〜。

 

タイムスリップ系で大好きなのが東野圭吾さんの「時生」、西澤保彦さんの「七回死んだ男」「異邦人」など。
こちらの本は読みやすいし面白い、きっとSF系が好きになると思いますよ。

  

面白い本があれば紹介してください〜。

banner_22.gif にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ ←応援クリックお願いします!


posted by 京 | Comment(8) | 読書

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。